破産宣告のデメリットとは? ※破産宣告をする前に必読!

破産宣告のデメリットとは? ※破産宣告をする前に必読!

MENU

破産宣告をする前に知っておくべき、デメリットとは?

破産宣告は、免責を受ければ晴れて借金返済額がゼロになるというメリットを持っています。
借金が全額チャラになるという事はとても魅力的ですよね!
しかし、最後の切り札とも言われるように、犠牲にするものや周囲に与える影響度が大きいというデメリットが付きまとうのも事実です。

債務整理は他にもいろいろ!

自己破産の他にも、個人再生任意整理特定調停といった方法があります。
その中でも一番デメリットが大きいのが、自己破産です。
どれも長所・短所があるので、自分に合った方法を選ぶことが早期解決のカギです!

  • 債務整理の費用はいくら?
  • 私の借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 過払い金請求はできる?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

無料・匿名でご利用いただけるので、ぜひ活用してみてください♪

債務整理シュミレーター

 

破産宣告の具体的なデメリット

最低限の預金と財産以外は没収される

20万円以上の高額な財産や99万円を超える預貯金がある場合は、全て手放す必要があります。

 

生活基盤である持ち家や自動車なども処分対象に入りますので、最低限の家財道具と生活費は残るものの、ほぼ一から生活を再建する事を余儀なくされてしまいます。

 

しばらくローンやカードが利用できない

破産宣告した事は、少なくとも5年~7年は信用情報機関に名前が記録されます。

 

その期間中は新たにお金を借り入れようとしても、ローンを組んだりカードの作成はできないので、完全な現金生活になります。

破産宣告すると官報にも記載されますが、一般の人が官報を見る機会はなかなかないので、そちらの方はほとんど影響がないでしょう。

 

手続き期間中の職業制限(特定の職業のみ)

破産宣告の手続き期間中に、一定の職種に就くことが制限されており、該当する職業である場合は半年程度ですが安定収入を得る事が困難になります。

制限される職業

主に弁護士や税理士、保険外交員、警備員の方が制限の対象となります。
そのため、特にそういった方々は破産宣告する前に熟考する必要があります。

 

破産宣告する前に考えよう!

破産宣告をして免責を受ける事で、破産者本人の債務は全額なくなります。

しかし、身近な家族や親戚に保証人になってもらっている場合は、破産者の債権の請求権が保証人に向けられる事を忘れてはいけません。

 

このように破産宣告するメリットは非常に大きいですが、その分デメリットも大きく、かけがえのない財産や周囲の親交も失いかねないので、弁護士・司法書士に相談し、納得した上で決定するようにしましょう!

今すぐ無料相談したい方は

弁護士法人サルートなら365日・24時間無料対応!


 

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

破産宣告・弁護士の選び方のポイント

借金問題の専門家

「弁護士=専門家」ではありますが、「すべての弁護士≠借金問題の専門家」なのです。
借金問題の経験と実績を持つ事務所を選ぶようにしましょう。
HPなどに実績が載っている事務所がオススメです。

 

費用と支払い方法の明確化

破産宣告にかかる費用の相場ってなかなかわからないと思います。
ですので、「弁護士に頼んだらかなり高そう」「あとで高額請求されそう」といった不安要素が浮かんできますよね。

 

そんなときはHPなどをチェックしてみてください!
費用を記載している事務所があるので、目安になります。

 

チェックするポイント
  • 初期費用
  • 総合費用
  • 支払い方法

ただ専門用語が多くて分かりづらいですし、1人1人事情は異なりますので、「具体的にいくらかかるの?」といった疑問は直接聞くのが1番です。

 

1番大事なのは人柄

どんなに素晴らしい実績を持っている弁護士であっても、人柄はとても大切です。

 

話をしっかりと聞いてくれる事

先ほども述べましたが借金問題は、借金の金額や借りている金融機関の数など1人1人事情が異なります。
そのため弁護士は相談者にとって話しやすい存在であることがとても大切なのです。

 

事情を考慮してくれる

連絡は携帯にかけてほしい、家族に内緒なので郵便物は局留めにしてほしい…など。

 

まずは会って話を聞く事が大切!=無料相談を利用してみる!

 

無料相談を受け付けているところなら、直接会って話せるのでおすすめです。
無料の場合、もし合わないと思ったら申し込まなければいいので損をすることもありません!

自己破産をする前に
  • 債務整理の費用はいくら?
  • わたしの借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?
  • 過払い金請求はできる?

まずは借入件数借入額を入力してシミュレーションしてみましょう。

 

債務整理シュミレーター

今すぐ無料相談したい方は

弁護士法人サルートなら365日・24時間無料対応!


 

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

破産宣告のデメリットとは? ※破産宣告をする前に必読!関連ページ

最新記事