自己破産できないケースについて※借金の問題解決策ガイド

自己破産できないケースについて※借金の問題解決策ガイド

MENU

自己破産できないケースについて※借金の問題解決策ガイド

学生で借金を重ねてしまう方もいます。
とくに学生ローンを利用されている方については、ローンの支払いが難しくなってしまい、結果的に返済不能に陥ってしまうこともありますので、借金に悩んだときには自己破産を検討するでしょう。
ただし、学生では自己破産を認められることは難しくなってしまうのです。

学生の場合、未成年であったり学生で収入がないということもあり、本人が返済不能になってしまった時に親に代わりに返済を求められる場合もあるのです。
親が正社員として働いていれば、返済できるだけのお金を所有していますので、自己破産ではなく親に代わりに返済してもらうことも考える必要があります。
また、親を頼ることができないケースでも、学生の場合まだ若いため継続的な支払いが可能であるとみなされます。
学生は、今現在は収入がなかったとしても、学校を卒業すればほとんどの方が就職しますので、これから先返済できる可能性が高いと認められることで、自己破産が認められなくなってしまう可能性が高くなってくるのです。

自己破産を検討されている方は、確実性の高い任意整理など別の方法で借金を返済してみるとよいでしょう。
任意整理の場合、金利が免除されるなど、今現在よりも返済しやすい状況になってきますので、借金を抱えていても将来的に問題なく過ごせるようになってきます。
借金に悩みを感じたときでも、これから先のことを考え、無理なく返済できる方法を考えてみるとよいでしょう。
自己破産は債務をなくすことができますが、これは免責を認められた場合に限ります。自己破産できないケースもあるので注意しなければなりません。
自己破産できないケースとは、免責不許可事由に該当する問題を起こしており、さらに裁判官がそれを元にして免責が妥当ではないと判断した場合です。自己破産すると債権者が一方的な損害を受けるため、この不利益をなくすためにこのような仕組みになっています。
免責不許可事由として、まず、一度自己破産の免責が決定され、それから7年が経過せずに手続きをした場合が該当します。
債務を作った原因も重要になります。ギャンブルや行楽など、浪費によってできた債務は免責されません。
債権者へ偽証した場合も認められません。例えば収入証明書を偽造し、年収を高く見せかけて返済能力を超える借り入れを行ったり、個人信用情報機関に記録されず、第3者からは分からないような多額な借金がある状態での借り入れ、元々返済する気がないのに借り入れを行った場合などが該当します。
自己破産では破産者本人の一定の額を超える財産を処分しなければなりませんが、これを避けるために手続きを行う前に他者へ財産を移した場合も認められません。
これ以外にも自己破産できないケースには様々なものがあります。不安な場合弁護士に現状を隠さずに話して相談すると良いです。
なお、これらに該当していても免責が認められることもあります。例として、浪費によってできた債務であっても現在は生活態度を改めているような場合、裁判官が妥当と判断すれば免責されます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産できないケースについて※借金の問題解決策ガイド関連ページ

最新記事