自己破産してからクレジットカード持てるまで※手続きの流れと期間について

自己破産してからクレジットカード持てるまで※手続きの流れと期間について

MENU

自己破産してからクレジットカード持てるまで※手続きの流れと期間について

消費者金融や銀行のカードローンは、カード1枚で気軽にお金を借りることが出来ますが、一般的なローンに比べて金利が高めに設定されているため、借入金額が増えれば増えるほど利息の負担も大きくなります。また、クレジットカードや銀行の一部のカードローンでは、本人に収入がない主婦の人でも、配偶者に一定の収入があれば契約が出来るものもあり、生活費を補う目的で借り入れを行うケースも少なくありません。返すあてもなく借り入ればかり行うことで借金の額がどんどん膨らんでいき、気がついた時には莫大な借金を抱えていることもあります。そのような場合は、裁判所に申し立てを行うことによって法的に借金を全額免除してもらう「自己破産」を検討する必要性が出てきます。主婦が自己破産を行うケースは決して珍しくないため、決して躊躇することなく出来るだけ早く法律事務所などに自己破産の相談をするのがおすすめです。収入がない専業主婦の場合、自己破産の手続きの際に配偶者の財産状況や収入の状況などを説明しなければならないため、配偶者に自己破産を行う旨を知らせる必要性が出てきます。ただ、どうしても自己破産を行うことを配偶者に知られたくない場合は、配偶者の財産状況や収入の状況が確認できる資料を提出することによって、配偶者に知らせることなく手続きを進めることが認められています。住宅やマンションも、配偶者名義のものであれば、自己破産の際に手放す必要はありません。
自己破産を行うことにより、借金を解決することが出来ます。自己破産を行うことにより、全ての債務の支払いを免責することが出来ます。そのためどうしても借金を支払うことが難しく、またこの先も返済をすることが難しい、という状態には、この方法を行うことが効果的なのです。
しかし自己破産をすることにより、借金を解決することが出来る、というメリットがありますが、おこなうことにより生じるデメリットがあります。それは職業に制限がついたり、ブラックリストに載ったり、また十強に制限がつくことになります。
自己破産を行うことにより、特定の職業については、その職種で働くことが出来なくなります。弁護士や司法書士など、他にも様々な職業において、その業務を行うことが出来なくなってしまいます。すでにその職業についている場合には、やめなければならなく、失職をしてしまうことになります。
ブラックリストに載ってしまうために、銀行などでクレジットカードやローンなどを組むことが出来なくなります。そのため借金を行うことが出来なくなってしまうのです。
また自己破産のデメリットとしては、自分の負債は解決することが出来ますが、保証人がある借金の場合には、保証人に請求が行くことになってしまいます。そのため保証人が債務者の借金を返済することが出来ない場合には、保証人が債務整理を行わなければならなく、また最悪の場合保証人まで自己破産を行わなければならなくなります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産してからクレジットカード持てるまで※手続きの流れと期間について関連ページ

最新記事