自己破産での同時廃止に関する悩み・不安解決※無料相談

自己破産での同時廃止に関する悩み・不安解決※無料相談

MENU

自己破産での同時廃止に関する悩み・不安解決※無料相談

自己破産は全ての債務がゼロになること、不動産などの財産は処分をしなければならない事、返済能力が著しくゼロに近いことなど様々な特徴を持ちます。
このうち、返済能力が有るか無いかというのは、自己破産の申立てが下りるか否かにかかるものであり、裁判所が調査を行って返済能力がゼロに等しいと判断が下されることで免責が下りて、自己破産が成立し、債務をゼロにすることが出来ると言った特徴があるのです。

尚、自己破産には異時廃止と同時廃止の2つが有りますが、意義廃止は破産確定と同時に、破産管財人が選任されて、債権者に対して分配できる財産が有るかどうかを調査士、分配できる財産が有る場合は、それを処分して破産手続きを進めて行く形になります。
一方同時廃止と言うのは、債権者に対して分配できる財産が無い場合に行われる破産手続きなのです。

所で、債権者は時として異議申し立てを下す事が有ります。
異議申し立てを下す事で自己破産が出来ないのでは?免責が下りないのではないかと考える人も多いのですが、異議申し立てを受けたからと言って、裁判所はその申立てを一方的に聞き入れる事はしないと言われています。

また、異議申し立てを受けた場合でも裁判所は公平に裁判を行いますので、債務者に対しても公平に反論のチャンスを与えてくれるのです。

尚、異議申し立てを受けたとしても、これに対する反論などは依頼をする弁護士が代行をしてくれますので債務者は安心して破産手続きを進めることが可能になるのです。

 

借金の返済が出来なくなった時、弁護士などに相談を行う事で債務整理により借金を整理する事が出来ます。
債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停と言った方法が有りますが、自己破産は返済能力と言うものが無い事が条件になるのが特徴なのです。

自己破産は裁判所に対し、破産の申し立てを行う事でスタートしますが、この時裁判所が債務者に返済能力が有ると判断した場合は、この申し立てを却下する事が出来るのです。

しかし、返済能力が無いと認められた場合は、破産手続き開始決定が下され、破産管財人が選任され破産手続きがスタートするのです。

破産管財人と言うのは裁判所により専任された弁護士などであり、破産債権の調査や確定、財産の管理や処分の債権の弁済などを手掛けて行くのが仕事です。

但し、裁判所に自己破産の申し立てを行うと同時に同時廃止が取られ自己破産が成立する事も有ります。

同時廃止と言うのは同時破産廃止とも呼ばれるもので、破産の申立人に対して換価する価値を持つ財産が無い事が最初の段階で明確になっている場合、破産管財人を選任せずに破産を成立させることを意味しているのです。

尚、同時廃止では破産の申し立てを行い、破産手続き開始と同時に破産管財人が選任されること無く、破産手続きが完了となるのが特徴です。

また、同時廃止ではなく破産管財人が選任された場合は債務者の所有している財産を、債権者に対して配当させると言う流れになるのが特徴です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産での同時廃止に関する悩み・不安解決※無料相談関連ページ

最新記事