自己破産の費用はどのくらい?※内緒の借金返済の方法

自己破産の費用はどのくらい?※内緒の借金返済の方法

MENU

自己破産の費用はどのくらい?※内緒の借金返済の方法

借金というのは恐ろしいものです。何か大きな事業などの為に大金を借り、その事業が立ち行かなくなったために借りたお金が返せずにやむなく自己破産をしたというのならなんとなく納得が出来るものかもしれませんが、最近の自己破産で多い理由はそうではなく、日常生活でお金を使いすぎたため、という事が非常に多いのです。しかも、気が付いたら借金が膨らんで、何に使ったかわからない、といったことも非常に多いのです。
最近はカードローンやクレジットが普及し、現金が無くてもカードで簡単に物を買うことができます。また、ATMで自分の預金の様に簡単にお金を引き出すことができます。しかし、これはすべて借金なのです。まずその自覚を本人がしっかり持つことが大切です。
自己破産の手続きは非常に面倒なもので、費用が掛かってしまうものです。裁判所に対し借金の返済ができない理由を法的に書面で説明し、またその根拠を明確にして行かなければなりません。裁判所は基本的に自己破産の手続きを支援してくれるところではなく、あくまで自己破産と認定すべきかどうかを判断する場所であり、その判断材料はこちらで揃える必要があります。しかし、法律を熟知していないとどのような内容が必要なのかが分からないため、一般的には法律に詳しい弁護士に依頼することが多く、この弁護士の費用がかなりの割合を占めるのです。
費用を節約するために、弁護士を頼らずに自力で申請をする人も少なくは有りませんが、法律的に根拠のある文書を作成する必要があることから最低限の費用、例えば印紙代や郵送料など細かい費用は必要になります。
借金の返済が苦しく、自己破産を考えた場合、弁護士か司法書士に頼むのが一般的です。
弁護士や司法書にし依頼した場合、その料金は安くて15万円程度、高いところであれば総額で80万円程度かかるという事も珍しくありません。
ですから、破産宣告をすれば楽になると考えても、その破産宣告にも多額の費用がかかる事になります。
ただ、自己破産の為の手続きというのは、個人で行う事も可能で、自ら全ての処理を行えるのであれば、かかる料金は1万円程度となります。
ですが、その手続きは簡単なものではありません。
財産の処分に関する手続きひとつするにしても素人には大変な事です。
その上、借り入れをしている業者に対して、自己破産に関するやり取りをするというのは、想像以上に大変な事です。
破産手続きにかかる料金を少しでも節約したいと考えた場合、自ら手続きをする事が最適とされますが、実際にしてみると、その難しさに驚く人は少なくありません。
ですから、自己破産を考えた場合、弁護士や司法書士に頼むのが最も確実で有効な方法とされています。
かかる料金などは、事務所によって様々です。
ですから、あらかじめ口コミ等でその評判等を確認し、良い事務所を選ぶ事が大切になってきます。
更に、無料相談を行っている場合、まずは足を運んで、料金など、しっかりと確認しておく事がお勧めです。
その際、料金について明確に説明をしてくれる事務所であれば、安心して利用できると考えて良いでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産の費用はどのくらい?※内緒の借金返済の方法関連ページ

最新記事