自己破産したい主婦!【借金解決方法は、破産宣告以外もある!】

自己破産したい主婦!【借金解決方法は、破産宣告以外もある!】

MENU

自己破産したい主婦!【借金解決方法は、破産宣告以外もある!】

最近では総量規制などで専業主婦など収入が無い人間は借り入れ自体が難しく難しくなりましたが、銀行系などは規制対象外なので完ぺきに不可能というわけでは有りません。
 その為、現在でも返済が不可能になるまで借り入れを行ってしまって自己破産を行いたいという人は少なくなったとはいえ居るのですが、この場合は一般的な自己破産とは多少考え方かたが変わってきます。
 自己破産の際に見られることとして「支払い不能」にあたいするかという事があるのですが、そもそもパートなどで収入を得ていたとしても専業主婦であればほとんど収入が無いという事になりますので難しくは有りません。
 ただしその次の部分で財産や世帯収入の問題が生まれます。
 まず、借金に対しての世帯収入が見られますので旦那の収入も確認され,収入が過分であるとみとめられると免責は行われません。
 またその際に破産者が所有する20万円以上の現金や90万以上の資産は生活必需品などの規定に当たる物以外は差し押さえが行われますが、夫名義の財産でも共同して使っていると見られるもの、具体的には家や車、銀行口座などが差し押さえの対象になります。
 時折「自己破産したいけれど夫には内緒で」という専業主婦の方が居ますが、こういった事情があるのではかなり難しいと言わざる得ません。
 逆に言えばこれらの条件さえしっかりしていれば、専業主婦であっても自己破産を行い債務の免責を受ける事が可能となっています。
いたるところでクレジットカードやカードローンの広告を目にしますが、安定した企業の正社員や公務員、さらには士業とよばれる資格を有する自営業者のみならず、アルバイトやパートタイマー、さらには配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも借り入れすることが可能となっています。昨今の景気低迷のために家計のやりくりが厳しく、しばらくは親兄弟に無心することがあっても、身内に迷惑をかけることができないという思いが先立つと、ついついキャッシングに手がのびてしまいます。
専業主婦が自己破産に陥る場合、たいていは世帯収入が低いケースがほとんどであるため、細かなキャッシングが積もりに積もって、最終的には債務金額が200万といった形で膨れ上がります。もし安定した収入があれば、任意整理といった手段も考えられますが、家事や育児でフルタイムどころかパートもままならない場合は、返済する能力もありませんので自己破産の手続きをとるケースが増えています。
日ごろは仕事で自宅を不在にするケースが多い男性と異なり、専業主婦の場合は自宅にいる時間が長いため、貸金業者からの督促状や電話が他人にバレにくいこともあり、なかなか周囲も借金地獄に気づかないようです。
ひとえに自己破産といっても、債務の免責が裁判所によって認められるためには、それ相応の理由が必要となります。たとえば、パチンコやホストクラブに通って浪費した場合は、裁判官の裁量で免責が認められる場合があるものの、法律上では認められません、いずれにしましても、自己破産の専門家である弁護士や司法書士に相談することが第一で、最近では女性専用の相談窓口もあります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産したい主婦!【借金解決方法は、破産宣告以外もある!】関連ページ

最新記事