自己破産とは?※自己破産に詳しい弁護士の選び方のポイント

自己破産とは?※自己破産に詳しい弁護士の選び方のポイント

MENU

自己破産とは?※自己破産に詳しい弁護士の選び方のポイント

自己破産とは、裁判所に破産申告書を提出して免責許可をもらって、全ての借金をゼロにする方法です。
破産が出来るのは、支払不能になった場合で、債務者の負債の額や収入、資産などの状況から総合的に判断します。

また、自己破産とは引き直し計算後の債務残高を36回(3年)ぐらいの分割払いで返済出来る資力がないときに、可能になります。
注意が必要なのは、36回で返済できるかは引き直し計算後の債務減額を基準にして判断することです。
債務整理をしてから、引き直し計算をすると借金や債務の残額が大幅に減額することがあり、その金額によっては破産という方法は利用出来ません。
債務整理を行って、大幅に減額出来て分割払いが可能なら任意整理を行った方がよいです。

自己破産とは、最大のメリットとして破産手続き開始時点の債務が原則として免責されることがあります。
免責は、借金や債務を返済しなくてもよく、借金や債務の顎は問題にはなりません。
債務整理方法の中でも、生活を新たに立て直すには最も効果があります。

自己破産を行う場合は、専門家である弁護士や司法書士などに依頼します。
ここでかかる費用は事務所によって異なっていて、自己破産申し立てに必要な印紙代や予納金、切手代や通信費、裁判所出頭の日当などが別料金になっていることもあるので、最初にかかる費用を確認しておく必要があります。
他にも、費用として成功報酬などがかかる場合もあります。
もし、困難なときには一定の資力基準を満たすことで民事法律援助を利用出来ます。





借金を整理する債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産などがあります。
このなかでも自己破産は、最後の手段といわれています。
最後の手段といわれる理由は、借金は全て消えてなくなるものの、大きなデメリットがあるからです。
ですから、通常なら債務整理のなかで、自己破産を選ぶことはそれほど多くありません。
しかし、借金でどうしても返済できないときは、自己破産を選ぶことになります。
もし借金が返済できずに選ぶことになるなら、デメリットもしっかり理解しておきましょう。
また、スムーズに手続きを進めるためにも、仕組みも理解しておいてください。
自己破産の仕組みは、裁判所に申し立てをして破産宣告をされなければいけません。
裁判所から破産宣告を受けられるかは、借金を作った原因次第です。
ギャンブルや浪費などが原因で借金を作っていたら、破産宣告を受けることができません。
また、自己破産が計画的だと認められた場合も、裁判所から認められることはありません。
ここの状況によっても変わりますが、このように借金の原因によっては、認められない仕組みになっています。
裁判所に申し立ててから免責が決まるまでには、4ヶ月から6ヶ月ほど必要です。
申し立てた段階で借金の返済は止まる仕組みですが、全てなくなるまでには時間がかかります。
時間がかかる仕組みになっていることも、理解しておきましょう。
最後の手段として自己破産をするなら、仕組みを理解して弁護士と手続きをしてください。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産とは?※自己破産に詳しい弁護士の選び方のポイント関連ページ

最新記事