個人再生の不許可どうする?※弁護士無料相談はこちら

個人再生の不許可どうする?※弁護士無料相談はこちら

MENU

個人再生の不許可どうする?※弁護士無料相談はこちら

消費者金融や銀行のカードローンは、カード1枚でコンビニや銀行のATMから気軽にお金を借りることが出来るため、急にお金が必要になった時などに大変重宝します。しかし、その気軽さからついつい借りすぎてしまう人も少なくありません。また、パチンコなどのギャンブルにのめり込むあまり、カードローンに手を出して多額の借金を重ねてしまい、最終的に「多重債務」と呼ばれる恐ろしい状態に陥ってしまう人も多くいます。法的に借金を帳消しに出来る「自己破産」は、パチンコなどのギャンブルが原因の借金は免除出来ない決まり(免責不許可事由)になっており、ギャンブルが原因で多重債務に陥った場合は自己破産による借金の免除が不許可となる場合があります。免責不許可事由に該当する事項がある場合は、自己破産ではなく「個人再生」を選択することがあります。個人再生には免責不許可事由がないため、ギャンブルが原因の借金であっても個人再生を行うことが出来ます。個人再生が自己破産と異なる点は、借金を減額して3年間の分割払いにすることによって、借金の完済を目指していくことです。特別な事情がある場合は返済期間を5年間まで延長してもらうことも出来ますが、原則として3年間で完済を目指します。個人再生を行うことが出来る人は、3年間で借金を完済出来る支払い能力があることはもちろん、本人がきちんと借金を完済できる意志を持っていることが条件として挙げられます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の不許可どうする?※弁護士無料相談はこちら関連ページ

最新記事