個人再生計画案って何?※借金返済のための大事な事

個人再生計画案って何?※借金返済のための大事な事

MENU

個人再生計画案って何?※借金返済のための大事な事

借金の返済が不可能になった場合、個人再生という方法を通して、借金を減額できる可能性があります。その場合、債権者に個人再生計画案を提出し、それを認めてもらう必要がありますが、債権者には良いことがない個人再生をなぜ認めざるを得なくなるかと言えば、自己破産されて借金がすべて回収不能になるよりは良いと判断するからです。

個人再生の手順は、まず弁護士や司法書士に手続きを依頼することから始めます。依頼された弁護士(司法書士)は、すぐに依頼者の債務を利息の引きなおし計算を行って減額させ、借金額を確定させます。次に、確定した借金をどのように返済していくのかについて個人再生計画案を作成し、裁判所を通して債権者に伝え、承認してもらう必要があります。裁判所では、その個人再生計画案を審査し、修正すべき点があれば、ただちに修正を求めてきます。問題がなければ、債権者に意見を聞き、最終的な付議決定を行います。一旦決定された個人再生計画案は修正できなくなります。

債権者が個人再生計画案を承認すれば、その計画案にしたがって、債務者は返済をしていくことになります。債権者が複数いる場合は、決議が行われ過半数の賛成で決定されます。個人再生計画案で大切なポイントは、債権者をきちんと納得させる内容でなければならないということです。また、無理のない計画書であることも大切です。この個人再生手続きは、個人でもできますが、弁護士などの専門家を通して行うほうが確実です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生計画案って何?※借金返済のための大事な事関連ページ

個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談で解決

日ごろの勤務では安定した収入があり出世も順調に進んでいるのに、住宅ローンやマイカーローン、さらには教育ローンが重なってあげく、会社の業績が悪化して家計のやりくりが大変になり、ついつい複数のカードローンに手を出してしまった。その結果、毎月、借金を返すための借金を繰り返して利息を返済する悪循環に陥っている。そんな人が住んでいる家やマンションを手放さずに、住宅ローン以外の債務を5分の1まで減額して返済で...

個人再生するときの費用とは?※債務整理初めての方、不安解消

平成14年の司法書士法改正により、それまで弁護士にしか与えられていなかった示談交渉権や簡易裁判所代理権が司法書士にも認められるようになり、司法書士が債務整理の手続きに関与できることになりました。ただし与えられた権限は、自己破産と個人再生においては書類作成代理人、任意整理においては1社あたりの借り入れが140万円以内の代理人としてなっています。もともと司法書士の仕事は、裁判所に提出するための各種書類...

個人再生とその相談について※解決方法徹底ガイド

個人再生による債務整理方法を選択した後、借金は確実に減りますし返済期間も3~5年の間に分割払いすればOKなので毎月の経済的生活に余裕が出ることは間違いありません。弁護士などプロに相談する前と後では天国と地獄、と表現する人も後を絶ちませんが、個人再生は巨額の借金を背負っている債務者の救済手段です。ただし、個人再生は魔法ではありません。利用条件もありますし、デメリットが全くないわけではありません。例え...

個人再生とは?※破産宣告の手続きの方法など解説!

債務整理とは借金を整理できる、制度となっています。債務整理といえば自己破産を思い浮かべる方も、多いのではないでしょうか。自己破産とは裁判所に申し立てを行い、免責が認められれば借金の支払い義務が無くなる、債務整理の1つです。借金が実質的にゼロになるので、自己破産は借金問題を大きく解決出来ます。しかし、一方で自己破産を行うと家などの財産を、手放さなければいけません。マイホームを持っていて手放したくない...

個人再生の手続き※個人再生と任意整理の違いとは?

「個人再生」とは、借金を重ねて返済ができなくなったような人が、借金をした先である債権者に対する返済額の一定部分を減額してもらい、その減額後の残りの金額を、原則として3年間にわたり分割した支払うことで、完済をめざすという法律上の手続きのことです。この「個人再生」は、本人が裁判所に申立をすることによってはじまり、返済にあたっては「再生計画」とよばれる計画を立て、これが裁判所に認められれば、以後計画どお...

個人再生の不許可どうする?※弁護士無料相談はこちら

消費者金融や銀行のカードローンは、カード1枚でコンビニや銀行のATMから気軽にお金を借りることが出来るため、急にお金が必要になった時などに大変重宝します。しかし、その気軽さからついつい借りすぎてしまう人も少なくありません。また、パチンコなどのギャンブルにのめり込むあまり、カードローンに手を出して多額の借金を重ねてしまい、最終的に「多重債務」と呼ばれる恐ろしい状態に陥ってしまう人も多くいます。法的に...

個人再生と我が家※借金問題解決への道

このままの生活を続けていてもとてもゴールが見えない・・・と巨大な借金に押しつぶされそうになってしまっている債務者は、弁護士や司法書士に相談しいずれかの債務整理方法を選択して金銭トラブルを解決しなければなりません。債務整理方法には特定調停、自己破産、個人再生、任意整理などの方法がありますが、例えば個人再生方法を選択した場合、我が家を守ることはできるのでしょうか。結論から申し上げますと、個人再生方法な...

個人再生の公務員※より良い弁護士の選び方のポイント

公務員という安定したイメージのある職業でも、お金に困り、借金が膨れて返済が困難になるケースはあります。公務員であっても、個人再生という債務整理を行うことができますが、場合によってはデメリットもあります。公務員が個人再生をするメリットとしては収入が安定しているため、一般の人よりも返済に適していると言えます。会社員にように、自分から辞めない限り解雇されることもなく、収入も賞与も安定しているので、個人再...

個人再生と司法書士について※借金問題で悩んでいるなら

個人再生は地方裁判所に申し立てをした後、再生計画案を提出して、地方裁判所にその計画が認められると行える手段です。個人再生後は住宅ローンを以前のまま支払い続けることができるため、自宅を手放す必要がないのが、自己破産に比べて生活に及ぼす影響が少ないという利点があります。しかし、地方裁判所に権利が認められて、個人再生が利用できるからといって喜んでばかりもいられません。個人再生後は減額された借金を、3年の...

個人再生と失敗※弁護士相談は無料で出来る?

個人再生で債務の完済を目指す場合、失敗することはないのでしょうか。あります。まず、第一に、個人再生そのものが認可されなかった場合です。準備期間や費用が無駄になるばかりか、他の方法を考えることになるでしょう。そして、裁判所に申し立てをして債務を大幅に減額してもらい、減額後の債務を3年かけて分割返済することが前提である「個人再生」では、返済ができなかった場合が失敗と言えるでしょう。現代の社会では、その...

個人再生と官報について【※借金を減らしてラクにする方法】

個人再生をしますと、デメリットとして官報に告知されるというものがあります。官報とは国が告知する広報誌です。しかし、どうして官報に告知されてしまうのでしょうか。もっと言えば、誰のために官報の告知を出すのでしょうか。一番、大きいのは個人再生の際に、忘れ去られている債権人に告知をするためです。個人再生では、たくさんの借金を免責してもらう事が可能となっています。しかし、それでは債権者からしてみれば非常に大...

個人再生住宅ローン返済について※借金で困っているなら弁護士へ

借金の返済で悩んだ場合は債務整理も検討してみましょう。こうした手続きを行えばかなり借金を減額することができ、返済がより楽に行えるようになります。手続きがわからない場合も法律事務所などプロの力を借りるとより安心し手続きが行えます。債務整理の方法も様々な種類があり、自己破産を行えば返済の義務はなくなります。とはいえ、自己破産は良いことばかりではなく、一定の財産を失うというデメリットがあり、持ち家の場合...

個人再生したら車は?※住宅を手放さなくて済む方法!

個人再生は予想以上に債務者にとってメリットが大きい借金問題解決手段です。個人再生を予定している方は、事前に細かい条件を確認しておく必要がありますから、今回は個人再生後の財産問題について詳細情報をお伝えしたいと思います。まず、個人再生後、身の回りの家財道具、生活必需品を奪われることはありません。テレビや冷蔵庫、エアコンなどの暖房器具を失いひもじい思いをすることはありません。つまり、個人再生の手続きを...

個人再生が終了した後は?※借金減額も夢じゃない!その方法とは?

債務整理は、借金が何らかの理由で返済できないような状況に陥ったさいに行われるものです。このうち任意整理は債権者と交渉して、主に将来における金利の棒引きを願い出るものですが、債権者が合意しなければ成立しません。任意整理では弁護士または司法書士が間に立って行うため裁判所は通さないため、法律的なペナルティがないのが特徴です。一方で、裁判所に願い出て行う債務整理が、自己破産や個人再生などです。自己破産では...

個人再生のクレジットカードの事※家族に影響なく問題解決する方法!

住宅ローンや車のローンなどの支払いで、どうにもならなくなり、個人再生をした後、今までの生活をそのまま続けることができます。住宅ローンや車のローンの方は減額してもらい、5分の1にしてもらい、その返済を3年で行うという制度です。なので、そのまま家に住むことができますし、車なども手放すことなく生活をすることができます。ですが、注意しなければならないことは、個人再生をした後は新規ローンや新規クレジットの申...

最新記事