個人再生の期間について※個人再生のメリットとは?

個人再生の期間について※個人再生のメリットとは?

MENU

個人再生の期間について※個人再生のメリットとは?

個人再生は借金を整理する方法としては生活への影響が少ない方法です。他の借金を整理する方法では生活に影響が出る場合もあるのですが、一点を除いてまったく生活に悪い影響はありません。個人再生後にマイナスの影響が出ることは新規の借金がほぼできないことです。個人再生後、債権をすべて返し終わったとしても通常5年から10年程度は新規の借金やクレジットカードの契約ができなくなり、現在持っているクレジットカードなども個人再生が始まると利用できなくなることが多いです。これは個人再生を行った場合、その情報が金融機関や消費者金融などにきょうゆうされるためです。ただし、5年から10年経過するとその情報は消えることになっているので、一般的に5年程度は個人再生が行われている期間なので個人再生後数年経過すれば各種借り入れができるようになると言われていますが、個人再生で関係した会社からは一生借りられないと考えておくと良いです。ただ、個人再生をすれば新規の借り入れができなくなりますが、デビットカードなどを利用すれば生活に支障が出ることもなく、また、自己破産のように公に名前が公開されることもないので個人再生を行って借金の月々の返済額を減らして返済を完了させることはとても有利だと考えられています。個人再生には弁護士の力が必要となり、再生開始まで半年から1年はかかると言われていますが、きちんと対応をして借金を完済させることが重要です

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の期間について※個人再生のメリットとは?関連ページ

最新記事