個人再生の公務員※より良い弁護士の選び方のポイント

個人再生の公務員※より良い弁護士の選び方のポイント

MENU

個人再生の公務員※より良い弁護士の選び方のポイント

公務員という安定したイメージのある職業でも、お金に困り、借金が膨れて返済が困難になるケースはあります。公務員であっても、個人再生という債務整理を行うことができますが、場合によってはデメリットもあります。

公務員が個人再生をするメリットとしては収入が安定しているため、一般の人よりも返済に適していると言えます。会社員にように、自分から辞めない限り解雇されることもなく、収入も賞与も安定しているので、個人再生後の返済は非常に早く終わり、すぐに借金を返済することができるでしょう。

しかし、副業やギャンブルなどによって借金ができてしまった場合、個人再生ができない可能性もあります。特に小規模個人再生は、一人でも反対されると認められません。多重債務に悩んでいる人の多くが、消費者金融などの借入の他に、共済組合からの借入れをしている場合があります。特に公務員が共済組合からお金を借りている場合は、反対される可能性が高いようです。さらに、公務員という職業の信用を失墜させたとして免職処分や懲戒処分になる可能性もあります。

個人再生は、債権者を選ぶことができますが、この際、共済組合を選んでしまうと、勤務先に債務整理をしたことが知られてしまうリスクが高まります。公務員が共済からお金を借入れていて個人再生する場合は、共済からの借入はそのまま支払い続け、その他の借金を整理するという方法を選ぶことで勤務先にバレるリスクや免職・懲戒処分になる可能性を低くすることができます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の公務員※より良い弁護士の選び方のポイント関連ページ

最新記事