個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談で解決

個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談で解決

MENU

個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談で解決

日ごろの勤務では安定した収入があり出世も順調に進んでいるのに、住宅ローンやマイカーローン、さらには教育ローンが重なってあげく、会社の業績が悪化して家計のやりくりが大変になり、ついつい複数のカードローンに手を出してしまった。その結果、毎月、借金を返すための借金を繰り返して利息を返済する悪循環に陥っている。そんな人が住んでいる家やマンションを手放さずに、住宅ローン以外の債務を5分の1まで減額して返済できる個人再生。
裁判所へ手続きを申請するため煩雑な書類の作成が必要であるため、一般的に弁護士や司法書士に個人再生の手続きを依頼しますが、一連の手続きを知っておくことで、今後の返済や、万が一、再び個人再生の手続きを必要とした場合にも役に立ちます。
では個人再生の手続きの流れをあげてみます。
まず弁護士や司法書士が債務者から相談を受け費用やスケジュールを確認した後、貸金業者をはじめとする債権者に対し「受託通知ならびに債権調査にかんするご協力のお願い」を発送します。通常、これにより債権者からの取り立てがストップしたら、債務者が用意した個人再生に必要な書類を揃え、さらには弁護士や司法書士が裁判所に提出する申し立ての書類を作成して所轄の裁判所に提出します。
申し立てから3ヶ月程の間、裁判所に提出する家計収支表を作成し、今後の返済能力を証明する定期的な積み立てが記帳された金融機関の通帳の準備をします。これらは再生計画の判断材料とされ、裁判所によって個人再生が認可されると、月ごとの返済額と支払い開始日、振込口座などを報告して、所定の手続きが完了します。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の流れ・費用・期間について※無料相談で解決関連ページ

最新記事