個人再生と司法書士について※借金問題で悩んでいるなら

個人再生と司法書士について※借金問題で悩んでいるなら

MENU

個人再生と司法書士について※借金問題で悩んでいるなら

個人再生は地方裁判所に申し立てをした後、再生計画案を提出して、地方裁判所にその計画が認められると行える手段です。
個人再生後は住宅ローンを以前のまま支払い続けることができるため、自宅を手放す必要がないのが、自己破産に比べて生活に及ぼす影響が少ないという利点があります。
しかし、地方裁判所に権利が認められて、個人再生が利用できるからといって喜んでばかりもいられません。個人再生後は減額された借金を、3年の期間内に完済する義務が生じます。この義務を怠れば、減額前の借金の返済義務が戻ってしまいますので、必ず守らなければなりません。
この他に、個人再生の利用開始から5~10年間は、信用情報機関に金融事故の事実が記録されてしまうことも承知しておきましょう。
俗にいうブラックリストに載った状態で、フリーローンやカードローン、クレジットカードやキャッシングサービスなど、この期間中はさまざまな借金ができなくなります。
たとえば自分の子供が進学する時に、教育ローンを組むことができませんし、車を買うにも自動車ローンを利用することができなくなります。このように自分ばかりでなく、家族全体における生活への影響が大きくなることをよく知っておく必要があります。
また、個人再生の再生計画案は無理な内容にしてしまうと、個人再生後の生活への影響が大きくなり過ぎて、心身ともに疲れ果ててしまう可能性があります。
自分で無理な再生計画案を作るよりも、まずは経験と知識の豊富な弁護士や司法書士などに相談されると、無理のない適切な方法で個人再生を行うことが可能です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生と司法書士について※借金問題で悩んでいるなら関連ページ

最新記事