個人再生と失敗※弁護士相談は無料で出来る?

個人再生と失敗※弁護士相談は無料で出来る?

MENU

個人再生と失敗※弁護士相談は無料で出来る?

個人再生で債務の完済を目指す場合、失敗することはないのでしょうか。
あります。まず、第一に、個人再生そのものが認可されなかった場合です。準備期間や費用が無駄になるばかりか、他の方法を考えることになるでしょう。
そして、裁判所に申し立てをして債務を大幅に減額してもらい、減額後の債務を3年かけて分割返済することが前提である「個人再生」では、返済ができなかった場合が失敗と言えるでしょう。
現代の社会では、そのような結果になることも多いものです。
まず、3年が経過する間に、病気や職を失うことから、返済が難しくなることがあります。やむを得ない場合は、当初の返済計画案(再生計画案)の変更し、返済期間を、さらに2年延長することができます。
どうしても返済が難しくなってきた場合には、再生計画案の4分の3以上の返済を終えていることなど、厳しい条件をクリアしている場合にのみ、債務の免除をしてもらうことができます。
しかし、免除がおりずに、返済期限を迎えてしまった場合は、個人再生の取り消しになり、難しい立場になるでしょう。そのまま破産手続きに入る可能性もあります。
個人再生を失敗なく行うためには、無理なく返済できるペースが保てるか考える必要があるでしょう。自己破産はしたくないと思う余り、個人再生に託す場合もありますが、現状的には返済が可能であっても、体調に不安がある場合や、勤務先の経営が安定していないなど、最初から無理がある場合は、自己破産したほうが早く生活を立て直せる場合があります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生と失敗※弁護士相談は無料で出来る?関連ページ

最新記事