個人再生の手続き※個人再生と任意整理の違いとは?

個人再生の手続き※個人再生と任意整理の違いとは?

MENU

個人再生の手続き※個人再生と任意整理の違いとは?

「個人再生」とは、借金を重ねて返済ができなくなったような人が、借金をした先である債権者に対する返済額の一定部分を減額してもらい、その減額後の残りの金額を、原則として3年間にわたり分割した支払うことで、完済をめざすという法律上の手続きのことです。
この「個人再生」は、本人が裁判所に申立をすることによってはじまり、返済にあたっては「再生計画」とよばれる計画を立て、これが裁判所に認められれば、以後計画どおりに返済を続けることで、残りの借金の支払いは法律上も免除されます。
「個人再生」には、大きく分けて「小規模個人再生手続」と、「給与所得者等再生手続」とよばれる2つの異なる種類の手続きがあります。
「小規模個人再生手続」は、個人で商店を営んでいる人などがメインのターゲットとなっていますが、借金などの総額が5000万円以下であって、かつ、将来にわたり継続的な収入の見込みがあることが適用の条件となっています。
いっぽう、「給与所得者等再生手続」は、主としてサラリーマンを対象とした手続きですが、「小規模個人再生手続」と同様の条件に加えて、収入が会社からの給料などであり、かつ、その収入が安定していることが条件となっています。
なお、金融機関への借金などのほか、住宅ローンを抱えている人については、「住宅ローン特則」とよばれる特例が設けられており、マイホームを手放すことなく個人再生の手続きを利用することが可能となっています。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の手続き※個人再生と任意整理の違いとは?関連ページ

最新記事