任意整理

任意整理

MENU

任意整理記事一覧

借金の保証人になると、とても大きなリスクがつきまといます。債務者が支払えなくなった時、債権者は保証人に請求をしてくるからです。自分が借りたお金ではなくても、保証人になってしまったら背負わなければなりません。逆の立場から見ると、借金の保証人になってくれる位の間柄なら、よほど信頼されているか近しい関係のどちらかです。信頼を裏切らないようにするには順調に返済していくのが一番ですが、万が一払えなくなってし...

クレジットカードを作り過ぎてしまったり、金融業者からの借り入れ金額が大きくなってしまったときには、任意整理などの債務整理の方法を使うことで多重債務の問題を解決できます。任意整理とは、信販会社や金融業者に対して現在の利息制限法で規定されている金利によって計算し直すことで、借金の総額を減らすことを和解によって締結することで、支払っていける金額に借金額を減らしてから一定の期間において返済を行うことを約束...

借金問題を解決できる債務整理の1つに、任意整理と言う方法があります。任意整理は取引履歴などから、利息を利息制限法に合わせ、それに基づいて元本を計算しなおします。そして、算出された額まで借金を減らし、原則として3年間から5年間で完済するのが、任意整理の特徴です。任意整理は同じ債務整理の自己破産のように、借金をゼロにするという事は出来ません。しかし、自己破産は家などの財産を差し押さえられてしまいますが...

金融業者から多額の借り入れを行ったときに、毎月の支払額が大きく膨らんでしまって支払っていくことが困難になることがあります。金融業者から借り入れをしたことで返済できないときには、債務整理の方法によって解決することが可能ですが、現在では任意整理の方法を行う人も多くなっています。任意整理とは裁判所を経由しない手続きで、弁護士や司法書士などの専門家に借金問題について依頼することで、弁護士などが代理人となっ...

借金を返済できなくなってしまった時には債務整理を行うことになりますが、その方法の一つに任意整理があります。任意整理は債務整理の中でも、裁判所を通さずに借金を減額することが出来るためメリットが大きなものですが、一方で個人信用情報機関に載ってしまうというデメリットがあります。基本的に消費金融やクレジットカード、住宅ローンなど借入を申し込む際には、個人信用情報機関の顧客情報を元に審査が行われますので、任...

任意整理ではキャッシングだけが該当するように思われていますが、クレジットカードの借金でも問題なく利用することが可能です。キャッシングとは異なり過払い金が発生しない場合もありますので、クレジットカードの任意整理ではメリットの多い人と少ない人との差がはっきりしてきます。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、ショッピング枠の利用しか無い場合には過払い金が発生しにくい状況となりま...

任意整理とは銀行や貸金業者などから借り入れを行った借金について、多額の返済を行わなければならなくなったときに、支払い不能の場合に法的に解決できる手続きとなります。任意整理は貸金業者ごとに交渉を行うことで、借金額の減額や金利のカットなど、それぞれの貸金業者ごとに対応することが可能な手続きです。自動車を購入している人の多くは、自動車ローンを組んで購入している人が多いと思います。任意整理の手続きでは必要...

任意整理はも名称からも分かる通り、裁判を行わず任意に借金を整理する方法となりますので法的な措置を行わずに借金問題を解決できますが、基本的には完済を目的とした方法となります。官報に掲載されることはありませんので最近では任意整理を行う人が増えていますが、メリットが多い分デメリットももちろんあります。任意に債権者と交渉を行い借金の総額を減らすことが可能ですし、手続きに入ると利息の負担を減らすことが可能で...

自己破産は裁判所に申し立てを行い、免責が認められれば借金の支払い義務が無くなる債務整理です。実質的に借金はゼロになる為、自己破産は大きく借金問題を解決できる、債務整理となっています。しかし、自己破産は誰でも免責が認められるという訳ではありません。パチンコなどギャンブルによってつくった借金や、ブランド品の購入といった浪費による借金の場合は、免責が認められず自己破産によって借金を整理する事は出来ないの...

任意整理と任意売却とはどのような違いがあるのでしょうか。まず任意整理とは債務整理のうちの一つの手段であり、裁判所を通じずに行うのが最大の特徴となります。基本的には債権者との和解交渉であり、同意があれば債務を減額してもらえるのです。また裁判所を通さないこともあり、債権者を選んで借金の圧縮ができるということで住宅ローンを残せるのも特徴になります。それに対して任意売却とは例えば住宅ローンの支払いが滞って...

任意整理をしたあとに自動車ローンを組むことができるのでしょうか。任意整理の情報は金融業界の共有のデーターベースに掲載されますので自動車ローンが利用できなくなることが多いのです。ただ任意整理をする前に自動車ローンを利用していた場合には途中でローンの契約の破棄をされることはありません。そもそも任意整理とは債権者を指定して借金の圧縮のできる手続きですので自動車ローンをそのままにすることもできるからです。...

自己破産にくらべリスクが少なく、支払い済みである余計な利子の返還要求である過払い金の請求が行えることから、利用者にとって便利な借金の整理手段が任意整理であると言えます。弁護士や司法書士、行政書士などを貸し出し元である銀行や消費者金融業者との間に挟んで任意整理が行われるというのが一般的です。利息の支払額が多すぎて何時まで経っても元本が減らないといった場合に有効活用できると言えるでしょう。ですが任意整...

サラ金やカードローン、キャッシングなどは比較的簡単に借入することができるのですが、その手軽さゆえに膨大な借金を抱えてしまっている人も少なくはありません。毎月コツコツと返済し続けていても、利息が膨れ上がるのでなかなか完済することは極めて困難な場合が多いでしょう。借金に苦しめられている人が多い中、苦しまずに借金を返済できる事実は残念ながらあまり広く知られてはいません。まずは任意整理というものを知り、借...

金融業者から借金をして、長期にわたって返済を滞ったままにしておくと、その業者から返済未了の借金について一括請求をするという督促状が届く場合が往々にしてあります。さらに放置してしまうと、業者は裁判所で手続きをとって、給料などの差押えを行う流れとなるため、このような事態になる前に、話し合いで解決を図るのが任意整理とよばれる方法です。ただし、業者よりも弱い立場にある本人が直接交渉するのは至難の業ですので...

保証人を立てて借金をしている場合に返済を滞納すると、その保証人に債権者からの請求が行ってしまいます。連帯保証人の場合は債務者同様の責任があるので断ることが出来ないです。しかし任意整理を行うと特定の債権者のみを選んで債務整理を進めることが可能です。保証人を立てている借金がある場合はそれを外して任意整理することで迷惑をかけずに済みます。任意整理では債権者と裁判所を通さずに任意で交渉します。自己破産のよ...