任意整理の任意売却な可能な期間や成功への方法!

任意整理の任意売却な可能な期間や成功への方法!

MENU

任意整理の任意売却な可能な期間や成功への方法!

任意整理と任意売却とはどのような違いがあるのでしょうか。
まず任意整理とは債務整理のうちの一つの手段であり、裁判所を通じずに行うのが最大の特徴となります。
基本的には債権者との和解交渉であり、同意があれば債務を減額してもらえるのです。
また裁判所を通さないこともあり、債権者を選んで借金の圧縮ができるということで住宅ローンを残せるのも特徴になります。
それに対して任意売却とは例えば住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、滞ってはいないものの今後はどう考えても支払いができないという場合に、自分の意思で住宅を売却してしまい、その売却額を借金の返済にあてるという手段になります。
通常はローンを支払っていないものに関しては正式には自分の所有物ではありませんので売却することができませんが、それを債権者との話し合いによって可能にするのです。
もしもそのまま返済が滞りますと不動産の場合は競売にかけられることになります。
こちらも家を奪われることに違いはありませんが、競売の場合はかなり低い額で競り落とされる可能性が高いですので残債がかなり多くなるのです。
まだ任意売却のほうが競売に比べて残債が少なくなり今後の生活が楽になります。
任意整理と任意売却は全く別の手段であり目的も違うものですが、実は同時に行う場合もあります。
どちらも自分一人だけでは手続きをするのが困難であり、専門の法律家に依頼して交渉や手続きをしてもらう形になるのです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の任意売却な可能な期間や成功への方法!関連ページ

最新記事