任意整理デメリットとメリット比較※できない場合ってあるの?

任意整理デメリットとメリット比較※できない場合ってあるの?

MENU

任意整理デメリットとメリット比較※できない場合ってあるの?

債務整理には様々な方法がありますが、メリットだけではなくデメリットについてもよく理解して最適な解決方法を選んでいきましょう。

債務整理の中でも任意整理はよく選ばれている方法です。
任意整理の特徴は裁判所を介さずに手続きを行えることがあげられます。自己破産や民事再生の場合は裁判所の手続きが必要ですので法律の知識が必要ですし、決定までにはそれなりに時間も必要です。
それに対し、任意整理は債権者と直接交渉することができますので民事再生や自己破産とは違い、手続きが簡単に行えます。
将来の利息をカットするなどで返済を楽にしていくことができます。

そして、メリットも多い方法ですが、やはり実際に行う前にはデメリットについてもよく理解しておく必要があります。
デメリットとしては、自己破産のようにすべて借金がなくなるわけではなく、3年~5年程度で完済していかなくてはいけません。

自己破産や民事再生ほど大幅に借金が減額できるわけではないということも理解しておきましょう。

そして、自己破産とは違い職業に制限が出たり、大切な財産を失う心配はありませんが、やはり債務整理をしたという情報は個人情報に掲載されてしまうこととなります。
それゆえにその情報が消えるまでは新たに借金をしたり、クレジットカードの作成は難しくなってしまいます。

それから任意整理にはすべての業者が応じてくれるというわけではなく、中には交渉に応じてもらえない場合もあります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理デメリットとメリット比較※できない場合ってあるの?関連ページ

最新記事