任意整理うや住宅ローン方法や手続きの流れ※体験談はこちら

任意整理うや住宅ローン方法や手続きの流れ※体験談はこちら

MENU

任意整理うや住宅ローン方法や手続きの流れ※体験談はこちら

借金を返済できなくなってしまった時には債務整理を行うことになりますが、その方法の一つに任意整理があります。
任意整理は債務整理の中でも、裁判所を通さずに借金を減額することが出来るためメリットが大きなものですが、一方で個人信用情報機関に載ってしまうというデメリットがあります。
基本的に消費金融やクレジットカード、住宅ローンなど借入を申し込む際には、個人信用情報機関の顧客情報を元に審査が行われますので、任意整理を行ったという事故情報が登録されていると新たに借入をすることが難しくなります。
ここで気になるのは任意整理完済後でも借入が出来ないのかということでしょう。
結論から言ってしまうと、任意整理完済後は借入をすることは可能です。
ただし、借入を行うには条件があり、まず完済後から最低でも5年以上の経過が必要といえます。
これは公にされていないため推測となりますが、個人信用情報機関に登録された情報が削除される期間の最低年数はおよそ5年となっているからです。
つまり、完済後から5年以上経過していれば、任意整理を行ったという情報が削除されている可能性が高くなり、借入が出来るようになる可能性も同時に高くなるのです。
もちろん、金融業者によって審査の基準が違うため、中には5年以上経過していても審査に通らないようなケースもあることを踏まえておかなければいけません。
完済後に借り入れを申込んでみて審査に通らなかった場合、個人信用情報機関の本人開示制度を利用して自分の事故情報を確認してみるとよいでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理うや住宅ローン方法や手続きの流れ※体験談はこちら関連ページ

最新記事