任意整理について条件は?弁護士選びのポイント・コツとは?

任意整理について条件は?弁護士選びのポイント・コツとは?

MENU

任意整理について条件は?弁護士選びのポイント・コツとは?

自己破産は裁判所に申し立てを行い、免責が認められれば借金の支払い義務が無くなる債務整理です。
実質的に借金はゼロになる為、自己破産は大きく借金問題を解決できる、債務整理となっています。

しかし、自己破産は誰でも免責が認められるという訳ではありません。
パチンコなどギャンブルによってつくった借金や、ブランド品の購入といった浪費による借金の場合は、免責が認められず自己破産によって借金を整理する事は出来ないのです。

一方、どのような借金であっても、整理できるのが任意整理です。
任意整理は引き直し計算を行い、その計算で算出された額まで借金を、減額できる債務整理となっています。
任意整理は裁判所を通さず、弁護士や司法書士が直接、債権者と和解交渉を行う為、ギャンブルや浪費による借金も整理する事が可能です。

どのくらい借金が減額されるかは、取引履歴などを取り寄せて、引き直し計算を行わなければ分かりません。
しかし、取引が長ければ長い程、借金は減額される傾向にありますし、任意整理で借金を整理すれば将来分の利息は支払う必要が無くなる為、借金問題を解決できる債務整理と言えるでしょう。

ただ、任意整理は残った借金を、原則として3年間か5年間で完済するのが条件となっています。
ですので任意整理を行う条件は、残った借金を3年から5年で支払えるかどうかという点です。

この期間内に完済できないという場合は、個人再生や自己破産といった債務整理を、検討する必要があります。
任意整理を行う際は、この条件をクリアできるかどうか、弁護士などと相談する事がお勧めです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理について条件は?弁護士選びのポイント・コツとは?関連ページ

最新記事