任意整理の流れデメリットや手続き費用※プロへまずは相談!

任意整理の流れデメリットや手続き費用※プロへまずは相談!

MENU

任意整理の流れデメリットや手続き費用※プロへまずは相談!

金融業者から借金をして、長期にわたって返済を滞ったままにしておくと、その業者から返済未了の借金について一括請求をするという督促状が届く場合が往々にしてあります。
さらに放置してしまうと、業者は裁判所で手続きをとって、給料などの差押えを行う流れとなるため、このような事態になる前に、話し合いで解決を図るのが任意整理とよばれる方法です。
ただし、業者よりも弱い立場にある本人が直接交渉するのは至難の業ですので、通常は弁護士などの専門家に任意整理の手続きを依頼します。
任意整理は、まず弁護士との相談にはじまりますが、日時を決めて面会すると、借金の総額や借りた業者名、現在の家計の状態、給料などの収入の見通しについて聞かれます。
ここで弁護士からのアドバイスや手続きの流れについての説明を受けた上で、契約を結んで正式に手続きを依頼すると、弁護士は業者に対して受任通知という文書を発送します。
受任通知を受けた業者では、今後は本人に直接返済を強要したりすることはできなくなり、あえて行うと法律により罰せられることになります。
この後、弁護士はこれまでの借金の返済状況などのリストを提出するよう業者に依頼し、その資料をもとに、利息制限法などの規定に照らして業者が違法に取りすぎた返済金がないかなどを確認し、その上で和解案を作成します。
通常、和解案では借金の利息分をカットの上、残りの金額の返済を数年で分割するような内容として、本人の返済の負担を軽減します。
本人と業者との間で合意が成立すれば、和解書を交わし、あとはその内容にそって完済を目指す流れになります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の流れデメリットや手続き費用※プロへまずは相談!関連ページ

最新記事