債務整理のデメリットを解説しました※まだ債務整理はしないで!

債務整理のデメリットを解説しました※まだ債務整理はしないで!

MENU

債務整理のデメリットを解説しました※まだ債務整理はしないで!

債務整理をすることはほとんどのケースでメリットしかありません。というのは、どのような債務整理方法であっても、現在の債務が増えるということはなく、利息がなくなる、あるいは返済義務がなくなるという風に債務が減るか消えるからです。
しかし、大きなメリットと比べれば小さいですがデメリットもあります。その中で一番大きなデメリットは何かというと、普通に返済出来ないほどのお金を借りたという記録が残ってしまうということです。たとえば、自己破産の場合は破産手続きを裁判所でするので裁判所には記録が残りますし、また、破産者として官報に掲載されるので、誰でも見られる冊子に名前が掲載されることになります。
任意整理の場合ですが、裁判所を通すことはなく、官報に掲載されることもありませんが、当然、債権者である金融業者の記録には残ることになります。そのため、一度、債務整理を行った金融業者から、再びお金を借りる、あるいはクレジットカードを作ることは不可能だと言っていいでしょう。
また、自己破産でも任意整理でも、信用情報機関のデータベースには必ず記録が残ります。金融業者が新規の申込者にお金を融資する前には、必ず信用情報機関のデータベースをチェックするので、金融事故を起こしたという記録を見れば審査で却下する可能性が高いです。
上記のように、債務整理をしたことが記録に残るので、将来、ローンを組めなくなる可能性が高いというのが債務整理をするデメリットと言えます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理のデメリットを解説しました※まだ債務整理はしないで!関連ページ

最新記事