破産宣告から免責まで|手続きの流れ ※破産宣告は損?

すぐに相談したい人は、こちらをおすすめします。

 

フェアアンドスクエア法律事務所
事務所は新宿にありますが、メール相談も出来ます。

 

また、実際に依頼するまで、何度も相談無料なので、
一度相談だけでもしてみると解決方法がわかるかもしれません。

 

選び方をもっと詳しく見る

破産宣告をする前に

債権者が借金の金額の大小に関わらずに返済で苦しむようであれば、破産宣告の手続きをとることで裁判所から支払い不能と認定され、借金がリセットされます。
しかし、書類を出して終わり、ということではありませんので、破産宣告の開始までの流れはしっかりと把握しておく必要があります。

 

破産宣告から免責までの流れ

まず、裁判所へ破産宣告の申し立てにあたって必要な書類を提出します。
裁判所は必要書類に不備がないものとして書類を受理すると、それからは債務者について調査をします。

 

債務者が破産宣告の申し立てをしてから1~2ヶ月ほど経過すると、裁判所から呼び出されます。
呼び出された尋問裁判官からの質疑応答に応じることになります。

 

ここの場では負債の現状や資産や収入、生活の状況、破産宣告の考えに至るまでの経緯を聞かれます。
ただし、特例があり、もしも債務者に代わって弁護士が破産宣告の手続きをすると、一部の裁判所では即日に質疑応答が行われることもあります。

 

裁判所が行う調査や尋問の結果によって、支払い不能が認められれば、破産手続き開始決定が下ります。
なお、裁判所による調査や尋問の結果、支払い不能が認められなければ破産宣告の手続きを進めることはできません。

 

破産手続き開始決定が下りた債務者には売却によって換金できるものがあれば、破産管財人が選ばれ破産手続きを進めます。
破産宣告のデメリットとは?

破産宣告・弁護士の選び方のポイント

借金問題の専門家

「弁護士=専門家」ではありますが、「すべての弁護士≠借金問題の専門家」なのです。借金問題の経験と実績を持つ事務所を選ぶようにしましょう。
HPなどに実績が載っている事務所がオススメです。

 

費用と支払い方法の明確化

破産宣告にかかる費用の相場ってなかなかわからないと思います。
なので、「弁護士に頼んだらかなり高そう」「あとで高額請求されそう」などと、不安要素が浮かんできますよね。

 

そんなときは、HPなどをチェックしてみてください。費用を記載している事務所があるので、目安になります。

チェックするポイント

初期費用・総合費用・支払い方法

 

ただ、専門用語で難しいですし、1人1人事情は異なりますので、「具体的にいくらかかるの?」というのは、直接聞くのが1番です。

 

1番大事なのは、人柄

どんなに素晴らしい実績を持っている弁護士であっても、人柄はとても大切です。

 

話をしっかりと聞いてくれる事

先ほども述べましたが、借金問題は、借金の金額や借りている金融機関の数など1人1人事情が異なります。
なので、弁護士は、相談者にとって話しやすい存在であることがとても大切なのです。

 

事情を考慮してくれる

連絡は携帯にかけてほしい、家族に内緒なので郵便物は局留めにしてほしい…など。

 

まずは会って話してみる事が大切!!=無料相談を利用してみる!

 

無料相談を受け付けているところなら、会って話してみることができるのでおすすめです。無料なら、合わなければ申し込まなければいいので、損はないですよね。

 

弁護士事務所の紹介

数々の借金問題を解決してきた、借金問題のプロであり、費用も明確化していて安心の弁護士事務所をご紹介しておきます。

 

悩んでいる人にも、ピンチの人にも、親切かつ丁寧に対応してくれます。
また、初期費用0円・分割払い可能などといった配慮も行き届いています。

 


フェア&スクエア法律事務所
申し込むまで、何度でも相談無料!

 

樋口法律事務所

 

早期解決して、新たな人生のスタートを切りましょう!

債務整理:個人再生/任意整理/自己破産